黒 にんにく べ ちゃ べ ちゃ

黒にんにくがべちゃべちゃにならない3つの工夫|自宅の炊飯器で上手に作る!

 

 

自宅の炊飯器で

黒にんにくを作ったら、べちゃべちゃになった!

 

・・・という方はいないでしょうか?

 

 

結論から言うと
ご紹介する3つの工夫で、べちゃべちゃにならないおいしい黒にんにくが作れます!

 

それでは詳しくご紹介していきます。

 

 

この記事でわかること。
・自宅の炊飯器で黒にんにくをべちゃべちゃにならないで作る方法は?

 

 

自宅の炊飯器でおいしい黒にんにくを作りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

黒にんにくがべちゃべちゃにならない3つの工夫

黒 にんにく べ ちゃ べ ちゃ

 

黒にんにくが、べちゃべちゃにならないために必要な工夫はつぎの3つです。

・炊飯器の底に竹ザルやスノコ、金網を敷く

・クッキングシートやガーゼをかける
・生のにんにくを使わない

 

順番に解説していきます。

 

工夫その1

黒 にんにく べ ちゃ べ ちゃ

 

黒にんにくが、べちゃべちゃにならない工夫その1は、
「炊飯器の底に竹ザルやスノコ、金網を敷く」
・・・です。

 

炊飯器ににんにくを入れるときは、炊飯器の釜の底に「竹ザル」「スノコ」「金網」などを敷き、その上からにんにくを乗せるようにしましょう。

 

そうすることで、釜の底に水が溜まっても、にんにくが、水に浸って、べちゃべちゃになるのを防いでくれます。

 

 

工夫その2

 

黒にんにくが、べちゃべちゃにならない工夫その3
は、
「クッキングシートやガーゼをかける」
・・・です。

 

 

炊飯器の釜の中に、にんにくを入れその上からクッキングシートまたは「ガーゼ」をかけましょう。

 

ガーゼが余計な水分を吸収してちょうどいい柔らかさの黒にんにくができあがります。

 

 

工夫その3

生にんにく

 

黒にんにくが、べちゃべちゃにならない工夫その2は、
「生のにんにくを使わない」
・・・です。

 

にんにくは、痛みやすい野菜なので、普段わたしたちがスーパーで目にするにんにくは、乾燥処理がされています。

 

しかし、5月頃になると「生にんにく」というものが出回ります。

 

これは、乾燥処理されていないので、みずみずしくておいしいのですが、黒にんにくにはむいていません。

 

この「生にんにく」で黒にんにくを作ると含まれている水分が多いため、べちゃべちゃになってしまいます。

 

「生にんにく」は茎が長いので見た目ですぐにわかります。

 

「生にんにく」で黒にんにくを作らないように気をつけましょう。

 

 

 

黒にんにくがべちゃべちゃにならない3つの工夫|自宅の炊飯器で上手に作る!

まとめ


黒 にんにく

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 黒にんにくが、べちゃべちゃにならないためには3つの工夫が必要
  2. 炊飯器の釜の底に「竹ザル」「金網」「「スノコ」などを敷く
  3. にんにくの上に「クッキングシート」「ガーゼ」をかける
  4. 生にんにくを使わない

 

以上の3つの工夫をすれば、べちゃべちゃではなく適切な柔らかさの黒にんにくを、自宅の炊飯器で作ることができます。

 

他にもつぎのような記事を書いています!

 

 

\人気の記事はこちら/