黒 にんにく 作り方 バラ

【黒にんにくの作り方】バラのにんにくからお家で作る方法

 

 

バラのにんにくを知人からもらって、それで黒にんにくを作りたいんだけど、どうやって作ればいいの?

 

 

バラのにんにくで作る場合のコツは?

 

・・・という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のために
バラのにんにくで、黒にんにくを作る方法とそのコツをご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・バラのにんにくで、黒にんにくを作る方法とそのコツは?

 

 

バラのにんにくで、おいしい黒にんにくを作る方法を知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

バラのにんにくで、おいしい黒にんにくを作る方法

黒 にんにく 作り方 バラ

 

材料

・バラのにんにく(炊飯器のサイズに合わせて適量)

 

 

作り方

 

1.バラのにんにくを炊飯器に入れる

 

炊飯器の底に竹カゴを敷いてその上にバラのにんにくを乗せていきます。

 

量は炊飯器のサイズに合わせて適量を乗せてください。

 

にんにくの上からキッチンペーパーもしくは、ふきんをかけます。

 

2.炊飯器の保温を開始

 

炊飯器の保温スイッチを押して熟成を開始します。

 

 

3.1日1回かき混ぜる

 

炊飯器内のにんにくの熟成が均等に進むように、1日1回かき混ぜます。

 

 

4.10~14日熟成したら炊飯器より出す

 

熟成には、10~14日ほどかかります。

 

熟成(保温)開始から10日が経ったら、毎日炊飯器内のにんにくの皮の中身をチェックして、柔らかくて真っ黒い色に変わっていれば熟成完了です。

 

熟成が完了したら炊飯器より取り出します。

 

 

5.乾燥する

 

日が当たらない風通しのいい場所で丸一日程度乾燥させましょう(にんにくの状態により、乾燥時間を調節しましょう。

 

 

作り方のコツ

 

バラのにんにくは、乾燥しやすいため、炊飯器で熟成を開始してから、2日に1回炊飯器の底の方を見て水が溜まっていないときは20mlの水を加えてください。

 

そうすることで、乾燥して硬い黒にんにくになるのを防いでくれます。

 

 

保存法

 

黒にんにくは乾燥しやすいので、密封できる容器に入れて保存しましょう。

 

 

ーーー以上がバラのにんにくで黒にんにくを作る方法です。

 

熟成中はかなり強烈なニオイが発生します。

 

 

黒にんにく ニオイ

 

もしも、黒にんにくの

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc
という効果をもっとお手軽に手に入れたい方はすでに、出来上がった黒にんにくを購入することを考えてみるのもいいでしょう。

 

専門業者が研究を重ねてもっとも有効成分が増える「温度」「期間」で熟成された黒にんにくは、炊飯器で作ったものよりはるかに有効成分が増えています。

 

 

ただしい熟成法で作られた黒にんにくの有効成分の増加量

・S-アリルシステイン(疲労回復、アンチエイジング、癌予防)・・・にんにくの16倍
・ポリフェノール(アンチエイジング)・・・にんにくの6.3倍以上
・アルギニン(疲労回復、肥満改善、成長ホルモン促進)・・・にんにくの3.5倍以上

 

 

そこで、高い効果をお求めの方のために
【本当におすすめできる黒にんにく】をご紹介しておきます。

 

⇒⇒⇒モンドセレクション13年連続金賞受賞の黒にんにくはこちら!

 

 

 

\人気の記事はこちら/