黒にんにく ポリフェノール 含有量

 

黒にんにくには、アンチエイジングに有効な、ポリフェノールが含まれているって聞いたけど、含有量はどれくらい?

 

 

黒にんにくに含まれているポリフェノールってどんな栄養なの?効能は?

 

・・・という人はいないでしょうか?

 

 

 

結論から言うと

 

良質な黒にんにくの、ポリフェノール含有量は、100gの中に215mgです。

 

ポリフェノールという栄養成分は、アンチエイジング(老化予防)の効能がよく知られています。

 

ポリフェノールの欠点も合わせて、詳しく解説させていただきます!

 

 

 

この記事でわかること。
・黒にんにくのポリフェノール含有量は多い?
・ポリフェノールの効能には、どんなものがある?
・ポリフェノールの欠点とは?

 

 

黒にんにくに含まれるポリフェノールに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒にんにくのポリフェノール含有量は多い?

 

たくさんの黒にんにく

 

黒にんにくのポリフェノール含有量は、100g中に215mgとご紹介しましたが、この含有量は多いのでしょうか?

 

まず、わたしたちが普段、目にする白いにんにくのポリフェノール含有量は、100g中に34mgです。

 

つまり、黒にんにくの含有量の方が約3.6倍多いということになります。

 

ポリフェノールの増加量のグラフ

 

 

ポリフェノールを含んでいるもので、一番有名なものはワインですが、ワインは、ポリフェノールの含有量が、100gに200~600mgくらいです。

 

 

黒にんにくのポリフェノール含有量が215mgなので、含有量が低めのワインと同程度といえます。

 

 

 

ポリフェノールの効能とは?

 

女性の口元

 

ポリフェノールには、おもに、つぎのような効能があります。

・アンチエイジング(老化予防)

・血流をよくする

 

 

アンチエイジング(老化予防)

 

健康的な老夫婦

 

ポリフェノールには、抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用とは、体の老化を促進する活性酸素を除去する作用のことです。

 

ポリフェノールには、活性酸素以外の、体に有害な物質を無害な物質に変える作用もあるので、生活習慣病の予防にも効果的です。

 

 

生活習慣病とは、高脂血症、高血圧、糖尿病のことで、偏った食生活・運動不足・喫煙・飲酒・ストレスの多い生活をしていると発症し、動脈硬化を悪化させます。

 

 

つまり、黒にんにくに含まれているポリフェノールは、見た目の若さだけでなく、血管の若さまで維持してくれる成分と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

血流をよくする

 

血の流れ

 

ポリフェノールには、血流をよくする効能もあります。

 

血流がよくなることで、つぎのようなことが期待できます。

・血圧の低下

・脳梗塞や心筋梗塞のような血管が詰まることで起きる病気の予防

 

 

また、血流が良くなると、冷え性の改善にもなるので、女性にはうれしい効能と言えます。

 

 

手を合わせる人

 

 

ポリフェノールは、若さと健康に大変有効な成分です。

 

 

 

ポリフェノールの欠点とは?

 

NGの形に並べられた黒にんにく

 

ポリフェノールには、残念ながら、欠点もあります。

 

その欠点とは、長期間効果が持続しないことです。

 

つまり、ポリフェノールを摂取しても、その効能は、しばらくすると低下してしまうので、毎日コツコツと摂取していかなくてはいけません。

 

黒にんにくを毎日1~2片食べるというのは、欠点を回避するために適している摂取法と言えます。

 

 

(参考:健康長寿ネット

 

 

黒にんにくのポリフェノール|含有量や効能、欠点は?
まとめ

まとめ

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 黒にんにくのポリフェノール含有量は、100g中215mg
  2. ポリフェノールの効能は「アンチエイジング」と「血流をよくする」
  3. ポリフェノールの欠点は効能が長期間持続できない
  4. 黒にんにくを毎日1~2片食べて、コツコツと摂取すれば、欠点を回避できる

 

 

黒にんにくには、ポリフェノールのほかにも

・S-アリルシステイン

・アルギニン
・トリプトファン
・プロリン

という、「元気」「健康」「若さ」に有効な成分が含まれています。

 

詳しくは下の記事をご覧ください!

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が、みなさんの参考になればうれしいです。

 

 

 

 

\人気の記事はこちら/