黒 にんにく 匂い 対策

黒にんにく作成時の匂い対策は2つ!これだけで大丈夫!

 

 

炊飯器で黒にんにくを作る時に発生する強烈な匂いをなんとかしたい!

 

・・・という方はいないでしょうか?

 

 

結論から言うと
今回ご紹介する方法を実践していただければ、強烈な匂いを大幅に減らすことができます。

 

 

そんな効果的な3つの方法をご紹介します。

 

この記事でわかること。
・強烈な匂いを大幅に減らすことができる効果的な対策は?

 

 

炊飯器で黒にんにくを作る際に、発生する匂いを大幅に減らしたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

にんにくを熟成すると強烈な匂いが発生する理由は?

 

にんにくを熟成するとあの強烈な匂いが発生する理由をご紹介します。

 

にんにくには、アリインという成分が含まれています。

 

アリインが炊飯器で温められることで、アリナーゼという酵素と結びつき、アリシンという成分に変化します。

 

このアリシンが、にんにく特有の強烈な匂いの元となる成分です。

 

そこで、つぎのような対策をすることで、熟成時の強烈な匂いを大幅に減らすことができます。

 

 

 

炊飯器で黒にんにくを作る時に、発生する匂いを大幅に減らす対策は?

黒 にんにく 匂い 対策

 

炊飯器で黒にんにくを作る時に、発生する匂いを大幅に減らす対策はつぎの2つです。
・お酢や黒酢に漬ける
・りんごを近くに置く

 

たったこれだけで、熟成時の匂いをほとんど抑えることができます。

 

 

お酢や黒酢に漬ける

 

お酢は、アリナーゼの働きを抑制する効果があるため、お酢に、にんにくを漬けてから、炊飯器で、熟成すると匂いが大幅に減ります。

 

お酢や黒酢を使った黒にんにくの作り方はこちらの記事で紹介しています。

 

 

 

りんごを近くに置く

 

にんにくを食べたあとの口臭を消すのに、りんごジュースを飲むと効果的です。

 

それだけでなく黒にんにくを作る際に炊飯器の近くに、りんごを置いておくことでも匂いを大幅に減らしてくれます。

 

これは、りんごに含まれている「リンゴ酸」が、にんにくの匂いの元である、アリシンを分解する効果があるためです。

 

 

この2つの方法は、かなり効果的な方法なので試してみてください!

 

 

\人気の記事はこちら/