黒 にんにく 発泡スチロール

黒にんにくのニオイを発泡スチロールで抑えよう!炊飯器で作る

 

 

黒にんにくを炊飯器で作るとき、ニオイが凄いので、何とかしたいんだけど、発泡スチロールとか使って防げるの?

 

 

黒にんにくを炊飯器で作ったら炊飯器が壊れてしまったんだけど、何で?

 

・・・という方はいないでしょうか?

 

 

結論から言うと
発泡スチロールやダンボールなどで、炊飯器を密封してしまうと炊飯器が壊れやすくなるのでおすすめしません。

 

発泡スチロールで密封する以外に、熟成期間のニオイを減らす方法があるので、ご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・なぜ発泡スチロールやダンボールなどで、炊飯器を密封するといけないの?
・黒にんにくを作る時のニオイを抑える方法は?
・もっと楽な方法は?

 

 

ニオイを気にせずに黒にんにくを作りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

 

なぜ発泡スチロールやダンボールなどで、炊飯器を密封するといけないの?

黒にんにく 発泡スチロール

 

黒にんにくを作るために、炊飯器でにんにくを熟成すると、にんにく特有の強烈なニオイが1週間から10日ほど発生します。

 

そのニオイをすこしでも抑えようと発泡スチロールやダンボールで炊飯器を密封しようと考える気持ちはよく分かるのですが、それをすると炊飯器が壊れやすくなるので、おすすめしません!

 

 

にんにくを温めると、にんにくから硫黄系ガスが発生します。

 

その硫黄系ガスは、電子部品の配線・電極などの金属を腐食して不具合を発生させる可能性があります。

 

つまり、炊飯器で黒にんにくを作ること自体が炊飯器を壊してしまう可能性があるんです。

 

炊飯器を発泡スチロールやダンボールで密封してしまうと、その中で硫黄ガスが充満してしまい、さらに不具合や故障が発生する可能性を高めてしまいます。

 

黒にんにく 硫黄ガス

 

 

そこで、炊飯器を密封することなくにんにくのニオイを抑えて黒にんにくを作る方法をご紹介します!

 

 

 

黒にんにくを作る時のニオイを抑える方法は?

黒にんにく

 

炊飯器を密封しないで、ニオイを抑えて作る方法をご紹介します。

 

 

必要なもの

・にんにく(適量)
・お酢(黒酢でも可)
・ボウルやジップロックなど

 

 

作り方

 

1.炊飯器やボウル、ジップロックなどに、にんにくを入れて、それにお酢を注いでいきます。

 

にんにくが、しっかりお酢に漬かるようにしましょう。

 

時間は1日くらい漬けるのがベストですが、1時間ほどだけでも、あるていどの効果があります。

 

 

2.漬け終わったら、にんにくを取り出し、しっかりと乾燥させましょう。

 

こちらも、できれば1日天日干ししてしっかりと乾燥したほうが良いですが、時間のない方は、1時間くらいでも構いません。

 

ただし、黒酢に漬けた場合は、しっかりと乾燥させないと苦くなってしまうので注意してください。

 

あとの作り方は通常どうりで、十分ニオイの発生が抑えられます。

 

通常の作り方はこちらでご紹介

 

 

 

黒にんにくは、作るハードルが高いので、発想を変えて完成した黒にんにくを買うという方法も、ご紹介します。

 

意外とコストは変わらないし、専門業者が、栄養が増加する「温度」「期間」で作ったものは、おいしく、栄養が豊富なので、わたしは買う方をおすすめします。

 

 

もっと楽に黒にんにくを食べる方法は?

 

黒にんにくを自分で作るのと、完成した黒にんにくを買のを比べてみると、かかるコストは意外と変わらないうえに、しっかり調べれば、本当に良い黒にんにくが見つかるので、よほどの節約家でない限り買ったほうがいいでしょう。

 

 

自分で作った場合の1日分のコスト105円

 

モンドセレクション13年連続金賞受賞の黒にんにくを買った場合のコスト108円

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ

 

 

わたしがおすすめする黒にんにくは、「岡崎屋の純黒にんにく」です。

 

岡崎屋の純黒にんにく

 

モンドセレクション13年連続金賞受賞(とくに2015?2020年の6年間は最高金賞を受賞)
の黒にんにくで、とにかく味も栄養も抜群です。

 

 

青森県田子のにんにく「福地ホワイト六片」の糖度は果物以上で、それから作られる黒ニンニクはプルーンのように甘くて本当に美味しく、にんにくから作られたものとは信じられないような味わいです。

 

 

栄養

 

専門業者が、日々の研究より分かった栄養が増加するベストな「温度」「期間」で作っています。

・S-アリルシステイン(疲労回復、アンチエイジング、癌予防)・・・にんにくの16倍

・ポリフェノール(アンチエイジング)・・・にんにくの6.3倍以上
・アルギニン(疲労回復、肥満改善、成長ホルモン促進)・・・にんにくの3.5倍以上

 

 

気になる方は公式サイトで確認してください。

 

⇒⇒⇒モンドセレクション13年連続金賞受賞の「岡崎屋の純黒にんにく」はこちら!

 

 

 

黒にんにくのニオイは発泡スチロールで抑えられる?炊飯器で作る

まとめ


黒 にんにく 下痢

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 発泡スチロールやダンボールなどで、炊飯器を密封してしまうと炊飯器が壊れやすくなる
  2. 炊飯器で熟成する前にお酢に漬けるとニオイが抑えられる
  3. 黒にんにくを買う方法は、自作した場合とコストがあまり変わらない
  4. しっかり調べれば、非常においしくて、栄養豊富な黒にんにくが見つかる

 

 

黒にんにくには、つぎのような素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc

 

わたしが、知る中で最高品質の黒にんにくは「岡崎屋の純黒にんにく」です。

 

⇒⇒⇒モンドセレクション13年連続金賞受賞の「岡崎屋の純黒にんにく」はこちら!

 

 

 

 

\人気の記事はこちら/