黒 にんにく 炊飯 器 電気 代

黒にんにくを作る時の炊飯器の電気代はどれくらい?

 

 

炊飯器で黒にんにくを作る場合、電気代はいくらかかるの?

 

 

炊飯器で作ると1日分のコストはいくらになるの?

 

・・・という方はいないでしょうか?

 

 

結論から言うと1回黒にんにくを作る時にかかる電気代は5.5合炊きの炊飯器で150~200円程度です。

 

1玉で換算すると約10円になります。

 

 

この電気代から、1日分に食べる黒にんにくのコストを計算してみます。

 

この記事でわかること。
・黒にんにくを作る時にかかる電気代は?
・1日分の黒にんにくのコストは?

 

 

黒にんにくを作るためのコストについて気になる方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

黒にんにくの電気代から計算した1日分の黒にんにくのコスト

 

黒にんにくを健康のために食べる方は、にんにくは、中国産でなく日本産を選ぶべきなので、1玉150~250円かかります。

 

1玉200円と仮定してそれに、電気代10円をプラスすると
黒にんにくを炊飯器で1玉作るには、210円のコストがかかることがわかります。

 

そして、つぎに、1日分のコストですが、
1玉に6片入っていると仮定すると

 

210÷6=35円

 

1日に3片食べるとすると、

 

35x3=105円

 

1日105円で黒にんにくを食べることができるということになります。

 

にんにくをまとめ買いすれば、もっと安く作ることこともできるので、気になる方はぜひ一度試してみてください!

 

 

もっと簡単に黒にんにくを試したい方はこちらの黒にんにくをどうぞ!

 

⇒⇒⇒モンドセレクション13年連続金賞受賞の黒にんにくはこちら!

 

 

 

黒にんにく

 

黒にんにくには、つぎのような素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc

 

 

しっかりした専門業者が「温度」「熟成期間」などの研究を重ねて栄養がもっとも増加する方法で作った黒にんにくは「元気」「健康」「若さ」に有効な成分が大幅に増加しています。

 

岡崎屋の純黒にんにく

 

・S-アリルシステイン(疲労回復、アンチエイジング、癌予防)・・・にんにくの16倍
・ポリフェノール(アンチエイジング)・・・にんにくの6.3倍以上
・アルギニン(疲労回復、肥満改善、成長ホルモン促進)・・・にんにくの3.5倍以上

 

そのため、1日1片食べれば十分効果があるので、意外と安く最高品質の黒にんにくを食べることができます。

 

7,776円で12玉入ってるので1玉648円

 

1玉に6片入っているので648÷6=108円

 

最高品質の黒にんにくが1日108円で食べられます。

 

炊飯器で作った場合が105円なので、ほとんど変わりませんね!

 

気になる方は、チェックしてみてください!

 

⇒⇒⇒モンドセレクション13年連続金賞受賞の黒にんにくはこちら!

 

 

 

 

\人気の記事はこちら/