黒 にんにく 酸っぱい

黒にんにくを作ったら「酸っぱい!」「苦い!」3つの解決法は?

 

 

黒にんにくを作ったら酸っぱくなってしまった!

 

 

黒にんにくを作ったら苦くなった!

 

・・・という方はいないでしょうか?

 

 

結論から言うと3つの解決法をしっかり行えば解決できます。

 

 

その解決法を詳しく解説していきます。

 

 

この記事でわかること。
・黒にんにくが「酸っぱく」「苦く」ならない方法は?

 

 

黒にんにくをおいしく作りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

黒にんにくが酸っぱくならない解決法は?

 

黒にんにくを作ったら酸っぱくなってしまった場合の解決法は、つぎの2点です。

・にんにくを買ってからなるべく早く黒にんにくを作る

・熟成期間を長くしすぎない

 

にんにくを買ってからなるべく早く黒にんにくを作る

 

にんにくを買って長い間冷蔵庫などで保存してから黒にんにくを作ると酸っぱい黒にんにくになってしまいます。

 

黒にんにくを作るために、にんにくを買うなら、あまり長く保存しないで、なるべく早めに熟成を開始しましょう。

 

黒にんにくを作る場合でも鮮度は大切ということです。

 

 

熟成期間を長くしすぎない

 

保存期間ではなく炊飯器での熟成期間が長い場合も、酸っぱくなってしまう場合があります。

 

熟成開始から10日たったら、1日1回炊飯器内のにんにくをチェックして、皮の中身が黒くなりニオイが少なくなったら長くても14日くらいまでに熟成を終了しましょう。

 

 

 

黒にんにくが苦くならない解決法は?

 

黒にんにくを作ったら苦くなってしまった場合の解決法は、つぎの2点です。

・黒酢に漬けたら、しっかりと乾かす

・熟成期間を長くしすぎない

 

黒酢に漬けたら、しっかりと乾かす

 

黒にんにくをそのまま炊飯器で熟成すると最初の10日間くらいは強烈なニオイが発生します。

 

そこで、ニオイを減らすために黒酢に漬けるという方法がありますが、黒酢に漬けたあとしっかり乾かさないで黒にんにくを作ってしまうと、苦くなってしまいます。

 

しっかりと乾かしてから熟成を開始しましょう。

 

 

熟成期間を長くしすぎない

 

さきほど、黒にんにくが酸っぱくならない解決法としてもご紹介しましたが、熟成期間を長くした場合、苦くなってしまう場合もあります。

 

どちらにしても、おいしくなくなってしまうので、気をつけましょう。

 

もっと簡単に、おいしくて栄養豊富な黒にんにくを食べたい方はこちらをどうぞ↓

 

⇒⇒⇒モンドセレクション13年連続金賞受賞の黒にんにくはこちら!

 

 

 

\人気の記事はこちら/