黒 にんにく 栄養 効能

黒にんにくの栄養と効果、効能は?疲労回復はにんにくの4倍!

黒にんにく 栄養 効能

 

「にんにくを熟成させて黒にんにくになると、さまざまな栄養と効果、効能が高まる」
ということが研究者たちにより発表され
日本にとどまらず、海外でも多くの方が黒にんにくの存在を知るようになりました。

 

しかし
にんにく独特の強烈なニオイを想像したり
黒にんにくの真っ黒な見た目から、抵抗を感じて食べたことがないという方もいると思います。

 

今回はそんな黒にんにくの栄養と効果、効能を中心に、黒にんにくについて知っていただける内容にしました。

 

 

この記事でわかること。
・黒にんにくの栄養と効果、効能?
・味やニオイは?
・副作用は?
・効果、効能をアップするには?

 

 

黒にんにくに興味はあるけれどいま一歩踏み出せない方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

 

 

まずは、見た目、ニオイ、味についてご紹介します。

 

黒にんにくとは?見た目、ニオイ、味

黒にんにく 見た目 味 ニオイ

 

黒にんにくはわたしたちが普段食べている白いにんにくを熟成、乾燥することでできる
実が真っ黒い色のにんにくです。

 

白いにんにくと違いニオイがほとんどなく、食べると甘くてドライフルーツのような味がします。

 

 

さて、そんな黒にんにくの栄養と効果、効果はどんなものでしょう?

 

 

黒にんにくの栄養と効果、効能

 

白いにんにくが熟成、乾燥されて黒にんにくになることで、栄養と効能、効果も大きく変化します。

 

そこで、黒にんにくの主な栄養と効果、効能をご紹介します。

 

「S-アリルシステイン」

 

「S-アリルシステイン」は黒にんにくになることで白いにんにくの16倍に増加する成分です。

 

「S-アリルシステイン」には次のような効果、効能があります。

 

1.疲れの解消
2.免疫力アップ
3.老化予防(アンチエイジング)
4.がん予防
5.悪玉コレステロールの除去
6.動脈硬化の予防
7.ストレスに強くなる
8.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
9.認知症の予防

 

 

 

「アルギニン」

 

「アルギニン」は黒にんにくになることで3.5倍以上に増加する成分です。

 

「アルギニン」には次のような効果、効能があります。

 

 

1.疲労回復

2.免疫能力を高める
3.肥満改善
4.成長ホルモン促進
※成長ホルモン・・・身長を伸ばす効果だけでなく体内の物質をエネルギーに変える効果があります

 

 

 

「ポリフェノール」

 

「ポリフェノール」は黒にんにくになることで6.3倍以上に増加する成分です。

 

「S-アリルシステイン」と同じく抗酸化作用(老化予防)がある成分です。

 

 

 

「トリプトファン」

 

「トリプトファン」は緊張やストレスを感じると「セロトニン」を分泌して精神を安定させる成分です。

 

「トリプトファン」にはつぎのような効果、効能があります。

 

・ストレスを減らして不眠を解消

・老化予防(アンチエイジング効果)
・精神を安定させて「記憶力」「集中力」がアップ
・鎮痛効果

 

 

 

「プロリン」

 

「プロリン」は黒にんにくになることで約7倍に増加する成分です。

 

「コラーゲン」のおもな構成成分の1つです。

 

「プロリン」には、つぎのような効果、効能があります。

 

・関節痛の改善

・美肌効果(肌に潤いを与える)
・脂肪を燃焼させる(ダイエット効果)

 

 

 

※「~倍に増加」「~倍以上に増加」という増加量は、ただしい熟成温度、熟成期間で作った場合の数値です。

 

 

 

黒にんにくの副作用は?

 

黒にんにくの副作用についてご紹介します。

 

「腹痛」「下痢」「頭痛」のおそれ

 

にんにくを熟成して黒にんにくを作る間に「アリシン」という成分はほとんど「S-アリルシステイン」という安全な成分に変わっています。

 

「アリシン」とは、強い殺菌抗菌作用があり、摂りすぎると腸内の悪い細菌だけでなく良い細菌まで殺してしまい「腹痛」「下痢」「頭痛」を発症する可能性のある成分です。

 

しかし、

・炊飯器で作った黒にんにく

・あまり出来の良くない黒にんにく

の場合、「アリシン」が「S-アリルシステイン」にならずに多く残っている場合があります。

 

そんな黒にんにくを食べ過ぎると「腹痛」「下痢」「頭痛」を発症する可能性があるので注意が必要です。

 

安全に黒にんにくを食べるためには、しっかりと信用のできる黒にんにくを選んで食べることが大切です。

 

わたしのおすすめの黒にんにくはこちらの記事でご紹介しています

 

 

 

黒にんにくの栄養とその効果、効能は?
まとめ

黒にんにくの栄養とその効果、効能は?まとめ

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 黒にんにくは見た目、ニオイ、味が白いにんにくとは全然違う
  2. 「元気」「健康」「美容」に有効な栄養と効果、効能が白いにんにくの何倍にも増加する
  3. 安全に黒にんにくを食べるためには、しっかりと信用のできる黒にんにくを選ぶことが大切

 

黒にんにくの主な効能、効果については

1.疲労回復効果が白いにんにくの4倍

2.がん予防
3.免疫力の向上
4.アンチエイジング効果(美肌効果)
5.スタミナアップ
6.滋養強壮
7.動脈硬化を予防し血栓を防ぐ
8.ダイエット効果
・・・etc

 

 

 

ただし、それはしっかりした専門業者が「温度」「熟成期間」などの研究を重ねて栄養がもっとも増加する方法で作った黒にんにくだけです。

 

同じ黒にんにくでもつぎのようなものは栄養・効果が全然違います。

・炊飯器などで作ったもの

・栄養の増加する温度などは考えず作られた黒にんにく

 

黒にんにくの有効な成分が増える温度帯は決まっています。

 

その温度帯から外れると「黒にんにく」にはなりますがただ黒いだけで「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」などの黒にんにくを代表する成分はあまり増加しません。

 

研究を重ねて作られた黒にんにくはつぎのように栄養が増加しています。

・S-アリルシステイン(疲労回復、老化予防、がん予防)・・・にんにくの16倍

・ポリフェノール(老化予防)・・・にんにくの6.3倍以上
・アルギニン(疲労回復、肥満改善、成長ホルモン促進)・・・にんにくの3.5倍以上

 

 

そこで、高い効果を求めている方のために
本当におすすめできる黒にんにくをご紹介させていただきます。

 

\おすすめの商品はこちらの記事で詳しくご紹介しています。/

 

最高品質の商品なので、気になった方はチェックしてみてください!

 

 

 

 

⇒⇒⇒今すぐおすすめの黒にんにくを買いたい方はこちら!

 

 

 

こんな記事もご紹介しています。